ラピッド・プロトタイピングとは?

ラピッド・プロトタイピング(RP)により、三次元コンピュータ支援設計(CAD)データを用いた物理モデルの迅速な製造が可能になります。産業界で広く使用されるラピッド・プロトタイピングにより、企業が革新的なアイデアを、成功の約束された最終製品に迅速かつ効率的に変えることができます。

ラピッド・プロトタイピング技術は、さまざまな利点を提供します
例えば、

  • デザインのアイデアを迅速かつ効果的なコミュニケーション
  • デザインの勘合、形状、機能の効果的な検証
  • 複数の設計反復を素早く実行することができる、大きな設計の柔軟性
  • 生産設計上の欠陥が少なくなり、より優れた最終製品を作成!

ラピッド・プロトタイピング - 簡単な歴史

ラピッド・プロトタイピングシステムは、レーザ技術を用いて紫外線に敏感な液体ポリマーの層を固化するプロセスであるステレオリソグラフィー技術の導入とともに1987年に出現しました。その後の数年間で、他のラピッドプロトタイピング技術が導入されました。たとえば、熱溶解積層法(FDM)、選択的レーザー焼結、積層オブジェクト製造などです。FDM技術に基づく、業界で最初の3Dラピッド・プロトタイピングシステムは、Stratasysにより、1992年4月に導入されました。PolyJet技術に基づく初の3Dラピッド・プロトタイピングシステムは、2000年4月にObjetにより導入されました。

どのようにラピッド・プロトタイピングは作動しますか?

3Dプリントとしても知られてラピッド・プロトタイピングは、アディティブ・マニュファクチャリング技術です。このプロセスは、モデリングやコンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェアから仮想デザインを取り入れることがら始まります。3Dプリントマシンは、CAD図面からデータを読み取り、液体、粉末、またはシートマテリアルの連続層を形成し、一連の断面から物理モデルを構築します。これらの層は、CADモデルの仮想断面に対応し、自動的に接合されて最終形状を作製します。

ラピッド・プロトタイピングでは、STLファイル形式として実装した標準データインターフェイスを使用して、CADソフトウェアから3Dプロトタイプ・マシンに変換します。STLファイルは、三角形状のファセットを使用して、部品またはアセンブリの形状を近似します。

一般的には、ラピッドプロトタイプシステムは、3Dモデルを数時間以内で作製できます。しかし、これは、使用する機械のタイプ、作製するモデルのサイズと数に応じて、大きく変化させることができます。