検索結果に戻る

医療業界における活用事例

3Dプリンティングは命を救っています

糖尿病との闘いから幼いエマの「魔法の腕」まで、医療専門家は3Dプリンティングを使って彼らの命を助け、健康状態の改善を手助けしています。

3Dプリンティングを使用して、医療の専門家がどのようにして素早く革新を遂げ、障害を乗り越え、わずかな負担でより多くのことを成し遂げているかをご覧ください。

Objetにより、正確な解剖モデル化によって外科手術の成果を最適化

複雑で、多面的な外科手術が必要な場合、可能な限り最高の成果を事前に決定する機能が鍵となります。解剖学的モデル化が、高度な3Dプリントシステムの利用で可能となり、MetroHealthの口腔外科部門のような外科チームが、これらのニーズが満たされるような計画を決定する前に、いくつかの異なる治療シナリオを評価することができるようになりました。

MetroHealthシステムは、北東オハイオ州で最大の、最も包括的な医療従事者の1つであり、170年間にわたるグレータークリーブランドコミュニティの医療ニーズに応えています。口腔外科部門では、患者のケアは、顎顔面外傷、口腔病理、顔面再建、顔面奇形の補正、歯槽外科、歯科インプラント、外来麻酔に集中しています。

MetroHealth口腔顎顔面の外科チームは、患者にとって侵襲性と不快感を同時に最小限に抑えながら、包括的再建口頭手術の成果を最適化するソリューションを必要としていました。Objet Geometries Eden500V™ 3Dプリンティング・システムは理想的なソリューションを提供しました。チームが複数の大規模な解剖学的モデルを即座に作製することができ、それぞれの場合に最も適したソリューションを特定するのに役立たせることができるようになりました。解剖モデル外科手術シミュレーションで作製した外科的位置調整テンプレートは、事前の手術計画を支援し、必要な術中ポジショニングの検証を行いました。これらのテンプレートで、必要な骨移植の正確なサイズと形状の採取が容易になりました。

“外科的位置調整テンプレートは、術前計画において重要な役割を果たし、手術時間や露出を短くできるとともに、移植骨移植組織の操作が少なくすむ”と、MetroHealth医療センター、口腔&顎顔面外科手術部門ディレクターの准教授、Jon P. Bradrick DDSは説明しています。“モデル製作が素早くでき、4日間の所要時間ということに特に感銘を受けました。これは、医療のグローバル化を推進する技術の最高の例です。” 同准教授は付け加えます。

手術計画で理想的な正確なモデル、他の医療アプリケーション

Objetの革新的なPolyJet™技術に基づき、Eden500V 3D プリンタは、医療モデルの正確なビルドのための、使いやすく、迅速かつクリーンなソリューションを提供します。Eden500Vで作製したモデルは耐久性があり、非常に細かいディテールと優れた表面仕上げが得られます。–これらはすべて、MetroHealth外科チームで必要とされる高度な精度を確保する上で必要なものです。

“特に、モデル製作の所要時間に感銘を受けました。これは、医療のグローバル化を推進する技術の最高の例です。”

Objetモデルは、高精度、高速ビルド時間、モデル殺菌の容易さのため、多くの医療モデル作製アプリケーションで使用されています。このモデルはまた非常に弾力性が高く、ヒトの骨組織と同じようにネジとモデル板の穿孔と固定が可能です。さらに、薄く繊細な構造物を維持するサポートがないこと、ならびにモデル表面を劣化させる可能性のある作製後工程が不要なことから、血管のように、骨より繊細な人間の解剖学的構造の複雑なモデルを構築することができます。

“実施する手術の複雑さのために、作製するモデルが手術を行う実際の設定と同一であることに感銘を受けています。Eden 500Vが提供する高解像度によりこれが可能になっています”と、Bradrick博士は説明しています。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.