検索結果に戻る

医療業界における活用事例

3Dプリンティングは命を救っています

糖尿病との闘いから幼いエマの「魔法の腕」まで、医療専門家は3Dプリンティングを使って彼らの命を助け、健康状態の改善を手助けしています。

3Dプリンティングを使用して、医療の専門家がどのようにして素早く革新を遂げ、障害を乗り越え、わずかな負担でより多くのことを成し遂げているかをご覧ください。

Objetを使うことで、Ivivi Technologies社は、臨床試験のために、すばやく、正確かつ費用効果が高く、社内で医療機器のエンジニアリング、開発、製造を行っています。

上場医療技術会社Ivivi Technologies社は、広範囲の異なる医療アプリケーションのための非侵襲的電子治療法を開発しています。Iviviの医療機器は、患者の抗炎症反応を刺激することで、痛みや腫れを治療するために使用されます。同社はまた、心臓、神経、整形外科アプリケーションを含む広範囲の他の医療用途だけでなく、非治癒傷(例えば、褥瘡、糖尿病性潰瘍)、スポーツ傷害やその他の健康状態の治療のために電気治療機器を開発しています。

Iviviの電子治療法の適用に対する多様で幅広い機会では、臨床試験の少量の単位の連続生産が必要でした。各試験の準備は、計画、開発、生産で数カ月かかりコストも高くつきました。–当然ながら、製品を完成させるまでの会社の機能も大きく遅れました。

“外部のリソースに頼っており、多くの場合、たった1つの非常に高価で極端にデリケートなプロトタイプを作製するのに数ヶ月かかることがありました。このプロトタイプは、当然ながら、試行のための最終製品を得るために少なくとも数回変更しなければなりません”と、Ivivi Technologiesの取締役会副社長兼共同最高経営責任者Andre’ A. DiMino氏は言います。“当社は、社内で臨床試験対応機器のエンジニアリングや開発、生産を行うことができる、より早く、より合理化されたシステムを必要としていました。ラピッドプロトタイピングについて聞き、それが弊社にどのような助けとなるかを見て興奮しました。”

Eden350™は、スピード、精度、プリントしたアイテムの重量、仕上げ、耐久性で選択されました

DiMino氏は、市場における各ラピッドプロトタイプシステムの代表と話をしました。同氏は、これらのシステムは、Objetを除き、新しい医療機​​器の単一ユニットの生産性を高めることができることを見出しましたが、各々が重大な欠点を有していました:製造したユニットは粗く、重く、さらに不正確なことがあり、製造プロセスがイライラするほど遅かったのです。

Objetの技術だけは、電子部品に合わせて、臨床試験の参加者にすぐ提供する準備のできた正確な装置を即座に作製することのできることが判明しました。

DiMino氏は、スピードと精度、さらにアイテムの重量、スムーズな仕上げ、耐久性のためObjet Eden350を選びました。2007年後半、Iviviでのシステムに最適な場所について助言を行い、技術に関する包括的なチュートリアルを提供してから、Objetは納品と設置を行いました。

1年未満でプラスのリターン

Ivivi社は、Eden350 をその製品開発と生産サイクルに統合したことで大きな成功を収めました。1年足らずで、投資を上回る収益がもたらされたのです。

“当社は、臨床試験装置の生産プロセスを平均5~6週間も短縮することができました”と、DiMino氏は述べています。このシステムは、さらに他の大きな利点も提供しています。

  • 新たなプロトタイプを開発するIvivi社の機能を強化し、デザイナーが製品の変更を 一晩で行うことができるようになりました。
  • 主要な販売パートナーとの関係が強化されました。パートナーは、Iviviが たった一日で、ビジネスや患者のニーズを満たすよう装置を変更できることに驚いています。
  • 臨床試験デバイスを仕上げるために、カスタマイズされた製造ツール(例えば、ジグ、 取付具)をデザイン、製造する、素早い、費用効果の高い方法を提供します。以前は、こういったことは、マシン ショップのサポート外で繰り返しと高価な買い物が必要でした。

さらに、Objetシステムがどれほど応答性がよく、汎用性があり、創造的であるかを強調するために、DiMino氏は、この技術を使ってIviviの取締役会の各メンバーのキーチェーンをプリントしました。

Iviviは、今では、Objetの革命的なConnex500へのアップグレードを検討しています。™これは、異なる機械的・物理的特性を有する複数のマテリアルの同時3Dプリントを可能にする初のシステムです。DiMino氏によると、この新しい技術により、患者の快適さのためにデザインされた、固い電子枠と柔らかいコンポーネントの両方で構成される装置の生産を同社がさらに合理化できる見込みです。“Objetシステムの入手は、自分が行ったビジネス上の決定で最高のものの一つであることは明らかです”と、DiMino氏は言います。“Objetは、会社が実際に成功のより高いレベルに到達できるようにする技術革新の稀な例の一つです。”

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.