検索結果に戻る

医療業界における活用事例

3Dプリンティングは命を救っています

糖尿病との闘いから幼いエマの「魔法の腕」まで、医療専門家は3Dプリンティングを使って彼らの命を助け、健康状態の改善を手助けしています。

3Dプリンティングを使用して、医療の専門家がどのようにして素早く革新を遂げ、障害を乗り越え、わずかな負担でより多くのことを成し遂げているかをご覧ください。

Acist(高度造影剤イメージングシステム技術)は、心臓病と放射線の分野で造影剤注入システムの開発に特化した医療用デバイスの会社です。Acistのデバイスでは、医師が解剖学的構造を視覚化できるように、血管系に染料を注入します。

ミネソタ州イーデンプレーリーに本社を置くAcistは、40カ国以上で臨床の存在感を示しています。同社は、より使いやすさとコントロールを向上させる新しい医療技術を研究して作製することで、“完璧なイメージ”を追求するという使命を果たしています。

最良のソリューションを提供

Acist社は、StratasysのFDM(熱溶解積層法)技術を利用して、ラピッド・プロトタイピング単独の場合を超えて効率を最大化しています。Acist社の製造エンジニアリングマネージャーDave Scott氏によると、

“FDMではただ一つのパスを選んだわけではありません。それをどこでも使用したいと思っています。材料固定具、機能テスト、工業デザイン、最終用途部品で使用します。市場に出る我々のマシンで、できるだけ多くのFDM部品を使用したいと考えています。FDMにより、従来の方法とは対照的に、より大きな複雑さ、フォーム、機能を1つの部品に組み込むことが可能になります。”

フィードバックの組み込み

Acist社は、そのマシンの運転者と常に連絡を取り合っています。理由は、一部の改善内容が、マシンを病院で使用するまでわからないためです。例えば、運転者は、1つのトランスデューサから別のトランスデューサに迅速に切り替えることができるとともに、複数の種類のトランスデューサを同一のマシンに接続する必要性を指摘しました。Acist社は、この問題を解決するためにCADソフトウェアで部品をすぐに設計し、世界中で出荷し、マシンで使用する機能部品として、Dimension 3D プリンタを使ってプリントしました。Acist社は、FDMで簡単に作製、プリントできる部品は、従来の方法を用いる成形にとって大いに挑戦的になるとの見方を強調しています。

EmpowerCTA注入システムの更新

Acist社は最近、EmpowerCTA®注入システム、低圧インジェクタを更新しました。36個の部品が新しいEmpowerCTAディスプレイに取り入れられましたが、そのうち7個は、販売システムに含まれていたFDM部品でした。製品のFDMケーシングは、形成したケースと同じくらい魅力的です。FDM技術により、Acistは、部品を組み合わせて、さらに複雑な状況で構築することで、新しい方法によって製造法を設計することができるようになりました。このアプローチは、射出成形のような従来の製造方法では不可能でした。特に、Acist社がFDMのアディティブ・マニュファクチャリング法を使用しなければ、現在ディスプレイを構成する7個の部品は、製造保管する部品の2倍以上の15個となっていました。Acist社は、製造能力に対して設計を最適化するために、機械加工部品、回路基板や集積回路の周りのFDM部品を設計しました。安定したテスト済みデザインは、部品を形成して機械加工するまでに重要です。FDMにより、Acist社は、小規模なランを作製して、高価な製造金型に頼る前に事業者からフィードバックを得ることができます。

在庫の削減

FDMを使う場合、Acistの在庫は、サーバ上のデジタルファイルです。同社は、棚スペースやベンダーとの関係を管理する必要がありません。FDMの部品が破損した場合、—5年後であっても、—Acistは、単にそのFortus 3D プロダクション・システムまたはDimension 3D プリンタで交換部品をプリントし、翌日発送するだけです。Scott氏は、FDMを“究極のリーン技術と呼んでいます。”

ラピッド・プロトタイピングと今後

Acist Medical System社は、FDMがどのように創造性と効率性を向上させることができるか、さらに、すべての製造面を通してコストを低下させることができるかを探求し続けています。他の方法では、複雑な形状を処理できず、直ちに市場に出せる部品をすぐに作製することができません。この技術のおかげで、医療業界の最先端にAcistを置くことができるようになりました。

“FDMにより、事業のどこについても、時間とお金を節約しています。この技術に多くを投資しており、本当に頼りにしています。FDM部品を使用することには非常に多くの利点がありますが、それは思考態度にもなっています”と、Scott氏は述べています。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.