検索結果に戻る

Orange County Choppers(OCC)社

3Dプリンティングは、OCCのドラゴンバイクに命を吹き込みます

“私は、最も複雑な設計を実現するアディティブ・マニュファクチャリングの能力にいつも驚いています。”
— OCC 、Jason Pohl氏

黄金の中国のドラゴンが全長に延びるカスタムバイク

Orange County Choppers(OCC)社は、ニューヨーク州のオレンジカウンティでカスタムバイクおよび生産バイクを構築しています。Paul Teutul Sr氏が設立したOCCは、ディスカバリー・チャンネルのアメリカン・チョッパーの話題となりました。これは、誰が最良のカスタムバイクを構築できるかを競った父親と息子を紹介した実際のテレビショーです。OCCは、消防バイクなどのテーマを中心にバイクを構築することで有名です。このバイクは、2001年9月11日に死亡したニューヨークの消防士を記念するものであり、世界貿易センターのスチールリベットが含まれています。

カスタムバイクは、その性質上、設計テーマを前進させるために、多くの複雑な部品を求めます。これらの部品のほとんどは、ユニークなバイクのために、ひとつのロットだけで生産されます。過去に、OCCは、これらの部品を主としてアルミビレットまたは高密度フォームから主に加工していました。このアプローチは、多くの場合、複数のマシン上で、コンピューター数値制御(CNC)プログラムの作成、部品を保持する器具の作製、部品の加工でかなりの時間を必要としました。関係する作業が、リードタイムとコストの両方に追加され、部品が重くなることもありました。

この数年間で、OCCは、Fortus 400mc 3D生産システムで、そのカスタムバイクのためにより多くの部品の生産を開始しました。“アディティブ・マニュファクチャリングにおいて素晴らしいことは、何らか追加の準備なしで、設計プロセス中に作製したソリッドモデルを使って作業できるということです。”OCCのグラフィック・アーティスト兼デザイナーのJason Pohl氏は言います。“STLファイルをエクスポートして、プリンタに送信し、次の仕事に進みます。Fortusは、オペレータの監督やツールの段取りなしに、ソリッドモデルの完璧なレプリカを作製します。部品の重量を大きく減らすために、スパースファイルビルドをよく使用します。”

創造的の自由度

FDM 3Dプリントしたドラゴンの頭は表情豊かな、怒ったような顔をしています

顧客の野心的な要求に応えて、OCCは最近​​、中国のドラゴンの形をしたバイクを設計しました。S&S 100立方インチのエンジンとローリングサンダーフレームを備えたバイクは、顧客の母国である中国では公道でも合法です。

Pohl氏は、細かく様式化した角、牙、まぶた、歯茎や鼻など、信じられないほど大量の詳細部分とともにドラゴンの頭を3D Studio Maxグラフィックデザインソフトウェアで設計しました。

“過去には、アンダーカットと角度のすべてを取得するために、少なくとも10のセットアップを使用して高密度フォームの頭を切り取っていたでしょう”と、同氏は言います。“部品を製造するのに必要な時間とコストを制限するために、設計を縮小する必要がありました。”

4つの角度から見たOCCのドラゴンバイクのCADスケッチ

Fortusを使って、Pohl氏は、作製する方法を気にせずにドラゴンの頭を設計しました。 “Fortusマシンは、ドラゴンの口の上部にある筋に至るあらゆる細部をキャプチャしました”と、Pohl氏は語ります。“頭をデスク上に置いたとき、すぐにでも生きて動き出すような気がしました。”

最初の反復後に重量を減らすために、Pohl氏は、内部空隙を作製し、別のコピーをプリントしました。Pohl氏が従来の方法よりも速く、より少ない費用で作製したデザインを、顧客は気に入りました。

“私は、最も複雑な設計を実現するアディティブ・マニュファクチャリングの能力にいつも驚いています。”

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.