検索結果に戻る

建築業界での活用事例

3Dプリンティングはすばらしい設計のためのサポートをいたします

美しい複雑な建築モデルのすばやい自動化した生産が、3Dプリンティングで現実になります。ゼロ廃棄物の構造を可能にする3Dプリントモデル、および3Dプリント法廷モデルで新しいレベルにカスタマイズする会社について、以下をお読みください。

Objet 3Dプリント技術で、ニューヨークベースの国際的建築事務所がモデル構築時間を数ヶ月節約

“弊社のObjet 3D プリンタは、少ないリソースでより多くを行い、弊社や産業界の革新に拍車をかけています。”

--Piet Meijs氏、Rietveld Architects社

機会

3Dプリントした建築模型

1994年にニューヨークに設立されたRietveld Architects LLPは、その大規模で創造的な商業・住宅のスペースで、米国やヨーロッパで知られています。この国際的な建築家のチームは、エネルギー節約や個人の環境コントロールなどの分野で最新技術を採用して高評価を得ています。

同事務所のパートナーMargaret氏とRijk Rietveld氏は、アメリカ航空宇宙局(NASA)との契約を通して数年前に3Dプリントについて知りました。NASAは同事務所と最初の3Dプリントモデルの情報を共有しました。2人は、この新しい技術に、建築の分野で生産性とイノベーションを大きく高める可能性を見ました。 

典型的なプロジェクトの過程で、Rietveld氏は、他の建築事務所と同様に、クライアントがデザインを視覚化するのに役立てるディテールとスケールが増加している多数のモデルを構築しています。さらに、他の企業のように、同事務所は、従来、これらのモデルを手作業で作っていました。–これは、通常2人の従業員が最大2ヶ月かけて、段ボール、発泡ボード、プレキシガラスでできたコンポーネントを切断、組み立て、仕上げる作業でした。これらの複雑な要素を手作業で加工する時間と費用のため、モデルのディテールの量があまりにも多いため、創造性が制限されるため、時としてデザインのセールスポイントを十分に強調していないモデルを提示することもありました。 

数年前、建設業界が減速し始めたときに、Rietveld氏は、モデルの製造の品質と生産性を高めると同時に、組織を競争状態から引き上げるようにする手段として3Dプリントを探求する時期になったと判断しました。“業界のペースが維持されないのが明らかとなりました”と、Rijk Rietveld氏は言います。“大きな変化が来ていることはわかっていました。さらに新しい環境では、少ないリソースでより多くを行うことのできる事務所が、優れたモデルで目立つことができ、より競争力が高くなることもわかっていました。”

ディテール、精度、オフィスに優しいことから、Objet Edenが選択されました

3Dプリントした建築模型

Rietveld氏のリーダーたちは、利用可能な3Dプリント技術に精通しており、8つの異なるシステムに対する徹底的な調査の結果、Objet Eden350を選択しました。“非常に詳細で正確なモデルを最小限のオフィスのクリーンアップで即座に作製できるこのシステムの機能に、特に感銘を受けました”と、Rijk Rietveld氏は言いました。“他の技術の一部では、製造したモデルが脆く、Objet 3D プリンタほどのディテールはありませんでした。” 同事務所のアソシエイトPiet Meijs氏によれば、Objet Printing Systemが提供するプロトタイプ機能は、同事務所がいくつかの新しいプロジェクトを確保するのを助けました。さらに、今では新しいモデルを1人の従業員がたった1時間程度で作製、仕上げができることから、既存のクライアントは、この技術に対して非常に敏感になっています。“プロジェクト過程で、お客様が設計変更を依頼したり、また、特定の変更が全体的な外観の美しさにどのような影響を与えるか、と聞くことがよくあります”と、Meijs氏は言います。

“当社のObjet 3Dプリンティング・システムを活用して、すぐに新しいモデルを最初から作り直し、毎回、お客様を驚嘆させています。”

Objet 3Dモデルによって、ユニークな大学の建物のデザインが実現しました。

Objet 3D技術のパワーと汎用性の1つの説得力のある例は、応用科学プログラムとして、小型の既存建物をはるかに大きなスペースに置き換えるオランダのINHOLLAND大学のプロジェクトでした。新しいスペースでは、建物を占有していた3つの異なる組織の同一性を維持する柔軟なインテリア計画が必要でした。 

建物のデザインのコンポーネントとしては、革新的な複合素材のガラス壁の吊り天井アトリウム内の講堂、開いたはさみ状階段、学生が交流・協力ができる自習エリアがありました。Objet Eden 3D プリンタを使用して、Rietveld氏は、大学の複雑な機能要件の正確な表現と、Rietveld氏のチームのユニークなデザインコンセプトを実現する詳細なモデルを作製しました。“同大学のリーダーたちからの熱狂的な反応は、非常に協力的かつ速やかな承認プロセスで明らかになりました”と、Meijs氏は言います。“このようなプロジェクトでディテールを示すことは、手作りのモデルでは実際不可能だったでしょう。”

Objet 3D技術を独自のものにする

Rijk Rietveld氏によると、世界中の建築事務所の1%未満しか現在3Dプリントを使用していません。同氏は、極端なスケールで作製する一部のモデルの繊細さに対する懸念から、同業界ではラピッドプロトタイプ技術の採用に難色を示してきたと指摘しました。“この懸念は他の製品では正当化されるかもしれませんが、Objet 3D プリンタは、最も繊細なモデルコンポーネントを作製する技術的ツールと柔軟性を与えてくれます”と、Meijs氏は言います。例えば、Rietveld氏は、プロトタイプの一部のデザイン仕様を若干修正し、より複雑なモデルコンポーネントを維持して、構造物の外観、感触および比率を効果的に取り込みながら詳細なディテールを保護する方法を考案しました。 

Meijs氏は言います。“肝心なのは技術革新です。約束された新しい技術が見つかります。さらに、クライアントに対して最高のデザインとコンセプトを提供するために、この技術を活用する、新しい、より良い方法を発見します。常に自分自身を向上させ、業界を向上させるよう努力していますが、Objet 3D プリンタは、それを支援してくれます。”

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.