耐熱性および寸法安定性のあるモデルを3Dプリント

高耐熱性

耐熱性と寸法安定性を備えたモデルを3Dプリント

高耐熱性材料は、標準的プラスチックの熱性能をシミュレートでき、静的部品の耐熱試験に適しています。 高耐熱性PolyJetフォトポリマーは、ゴムライク材料と組み合わせることがき、調整しながら多様な材料を作製していくことができます。

高耐熱性材料を使った3Dプリンティング

高耐熱性材料(RGD525、白)は、耐熱性と優れた寸法安定性とを組み合わせたものです。エンジニアリングプラスチックの熱性能をシミュレートできるため、パイプやコックの温風流または高温水流などのテスト用途に最適です。

Objet高耐熱性材料は、プリンタから取り出した際、63–67℃(145~153 F)の耐熱性を有しています。プログラム可能なオーブンで熱後処理を施すことにより、75〜80℃(167~176 F)に上げることもできます。

改良機能・性能を持つ高温部品をシミュレート

高耐熱性材料をゴムライク材料と組み合わせることで、さまざまなショアA硬度値、グレイシェード、耐高温性の硬質機能材料を作成できます。この複合によって、オーバーモールドで高温部品をプリントできます。

幅広い用途

高耐熱性材料は、以下を含む様々な用途に適しています。

  • 非可動部品のフォーム、フィット及び耐熱性能試験
  • 表面のなめらかさが要求される高品位部品
  • 照明の強い環境での展示モデル
  • 耐熱性治具と取付具
  • 塗装、接着、金属被覆などの後処理
  • 試作段階のモデル
  • 蛇口、パイプ、家庭用器具
  • 熱気、熱湯試験

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.

parts on demand

オンデマンド造形
サービス

お手持ちの3Dデータ(STLファイル)をアップロードして造形の見積もりを作成・注文を行うことが可能です。
FDM熱可塑性プラスチックまたは、PolyJetフォトポリマー樹脂による造形サービスの提供が可能です。

アカウントの作成