医療機器の3Dプリント

生体適合性

医療機器の3Dプリント

生体適合性材料を使用することで、歯科用デリバリートレイ、外科整形外科ガイド、補聴器などの医学・歯科用製品のプロトタイプをすぐに制作できます。 医療用ラピッドプロトタイピング材料は、優れた視覚化と優れた寸法安定性を実現します。

生体適合性材料を使った
3Dプリンティング

生体適合性PolyJetフォトポリマー(MED610)は、硬質な医療用ラピッドプロトタイピング材料です。高い寸法安定性、無色透明性を特徴としています。この材料は、長期にわたる皮膚接触(30日以上)および短期間の粘膜組織接触(最大24時間まで)の用途に最適です。生体適合性材料は、細胞毒性、遺伝毒性、遅延型過敏性、炎症性、USPプラスチッククラスVIを含む、5つの医療における承認を受けています。(生物学的試験:Objet MED610使用・メンテナンス用語に準拠してプリントしたパーツは、標準DIN EN ISO 10993-1:2009年、医療機器の生物学的評価 - パート1:リスク管理プロセス内の評価とテストに従って、生体適合性を査定しました。これは、細胞毒性、遺伝毒性、遅延型過敏症の他に、刺激作用、急性全身毒性、埋植の試験を含むUSPプラスチック クラスVIが対象となっています。)

システムの互換性については、 PolyJetマテリアル/システムマトリックスを参照してください。

補聴器の3Dプリント

PolyJet 3Dプリントテクノロジーを使って、表面がスムーズで快適な、非常に精緻な補聴器の金型を即座に製造できます。補聴器向け材料には、2つの色 Clear(FullCure630)とRoseClear(FullCure655)が利用できます。これらの材料はすべて、医療認定を受けています*。(US国内)