グリップレバーハンドル付き3Dプリント医療機器

ABS-M30i

3Dプリント生体適合性殺菌部品

ABS-M30iは、医療、医薬品や食品包装の分野における技術者、設計者が、CADデータから直接、手術計画モデル、ツール、あるいは備品を制作できるようにする、生体適合性3Dプリント材料です。

ABS-M30iを使った3Dプリンティング

ABS-M30iは、FDM(熱溶融積層法)技術で使用することができ、機能プロトタイプ、ツーリング、ガンマやエチレンオキサイドで滅菌できる完成品を造形します。このエンジニアリング熱可塑性プラスチックは、充分な機械的強度を有しており、ISO 10993およびUSPクラスVIに準拠しています。

FDM技術は、ABS-M30iに対する可溶性のサポート材料を提供するため、サポートの除去は、効率的かつハンズフリーです。ABS-M30iは、 Fortus 400mc、 Fortus 380mc/450mcおよびFortus 900mc 3Dプロダクションシステムで動作します。

ABS-M30iスペックシート

ABS M30iスペックシート

ABS-M30iの機械的、熱的、電気的特性をご確認ください。

イメージギャラリー

3D Printed Skull

Parts 3D printed with ABS-M30i material are biocompatible.

この画像をシェアする

3D Printed Skull

Sterile Nebulizer

This medical nebulizer was 3D printed with ABS-M30i.

この画像をシェアする

Sterile Nebulizer

3D Printed Medical Tool

ABS-M30i enables 3D printing of sterilizable medical equipment.

この画像をシェアする

3D Printed Medical Tool

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.

parts on demand

オンデマンド造形
サービス

お手持ちの3Dデータ(STLファイル)をアップロードして造形の見積もりを作成・注文を行うことが可能です。
FDM熱可塑性プラスチックまたは、PolyJetフォトポリマー樹脂による造形サービスの提供が可能です。

アカウントの作成