Doosan Infracoreのバックホウ

商用製品

アディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)は、任意の量と敏捷性を意味します。

クライアントの厳しい要求に応えるために、3Dプリント機能を備えたコマーシャル製造業者は、より多くのチャンスに対して「YES」と答える力を手に入れることになります。デザイナーとエンジニアは、高価で時間のかかる機械加工を省き、いつでも変更を行う敏捷性を得ることができるのです。Stratasysの3Dプリンタにより、CADデータから直接、コンセプトモデルやプロトタイプ、金型、最終用途部品を作製できます。

低容量の金型と耐久性のある最終用途部品については、Stratasysの特許取得済みFDM(熱溶解積層法)技術を、PCやULTEM 9085などの高性能熱可塑性プラスチックを含む生産グレードのマテリアルで使用します。

Stratasysデジタルマテリアル技術によって、非常に詳細なプロトタイプや金型、スムーズで固く、透明かつ柔軟なマテリアルを組み込んだ顧客サンプルを作製します。マルチマテリアルの3Dプリンタは、混合マテリアルを使って同一のビルドトレイ上で部品を作成します。

商業製造者の証言、エキスパートの情報、技術ガイドの詳細は、こちらをご覧ください。

商用製品における3Dプリンティングについてのビデオを見る

射出成形の会社が、3Dプリンティングを使って自社を再構成

StratasysのFDM(熱溶解積層法)テクノロジーを使用して、Thogus Products社は自社の射出成形ビジネスに革命をもたらしました。

3DプリントがAcist社に新製品開発の考え方を与える

Acistは、FDM(熱溶解積層法)テクノロジーを使用して、ラピッドプロトタイプを超えて効率を最大化しています。

このページをシェア