automotive_main

自動車

3Dプリントはプロトタイプと誤用される恐れのある工具を精密にします

レールにとどまっていては、世界を変えられません—革新とは、違う道を歩くことです。Stratasys 3Dプリンティングは、自動車製造業者の革新の限界を打ち破りました。

耐久性のあるコンセプトモデル、プロトタイプ、金型や、少量の最終用途部品を自社内で製造することで、エンジニアやデザイナーは全体のテストを繰り返すことが可能になり、自信を持って製品製造に入れます。

赤色、透明および褐色のレンズを備えた、3Dプリントされたテールライトのプロトタイプ。

高性能の産業用熱可塑性プラスチックでできた回復力を備えたプロトタイプには、Stratasysは特許取得済みのFused Deposition Modeling (FDM)技術を提供します。ゴムライクまたは透明マテリアルでできた、3Dプリンタから出力したままで滑らかなサーフェイスを備えた美しい模型は、PolyJetテクノロジーを基にした3Dプリンタによって提供されます。

お客様からのコメントや、3Dプリンティングがどのように自動車設計を促進し改善できるかについての情報をご覧ください。

自動車業界における3Dプリンティングのビデオを観る

Minimizer社黒色のULTEMプロトタイプでトラックのフェンダーをテストしています。

Minimizer社の技術者達は、高性能熱可塑性プラスチックである黒色のULTEM 9085で3Dプリントされた機能プロトタイプでセミトラックのフェンダーを路面テストしています。

Joe Gibbs Racing社、3Dプリントしたダクトをレーシングカーに活用

FDM 3Dプリンティングにより、JGRはコンセプトモデルから完成部品までにかかる期間を3日未満にまでスピード化でき、次のレースに間に合うように新しいカスタムダクトを車に搭載することができました。

Euromold 2011で展示された3Dプリントされた車のダッシュボード

Stratasys VPであるJonathan Jaglomが自社のDigital ABSグリーン材料(以前の名称はABS-ライク)で作成された、この機能3Dプリントされた実寸大の車のダッシュボードを含む、部品を紹介しています。

米航空宇宙局(NASA)の次のローバーは、3Dプリントした部品を使用

NASAのエンジニアは、3Dプリントを使用して、小惑星と、最終的には火星など他の天体を探検する人間をサポートするために、次世代のローバーを構築しています。

このページをシェア