企業情報

Stratasysは、3Dプリンティングの世界的リーダーであり、その最大のファンです。

Stratasysは、3Dプリンティングの価値やそのパワーだけでなく、世界にもたらす変化を確信しています。

当社は、製造業者にとって不可欠な3Dプリンティングを、設計者や教育者が使えるようにして、メーカーにインスピレーション与えるようなシステム、素材、コミュニティを構築します。

2013年10月21日

Stratasys CEO David Reis、日経フォーラム「世界経営者会議」で 3Dプリントが切り拓く新市場について講演

  • 今日のダイナミックなグローバルビジネスに必要となる本質的条件について議論
  • ストラタシス・ジャパンの東京オフィスを開設し、日本市場での取り組みを更に強化

2013年10月21日 – パーソナル、プロトタイピングおよび製造向けの3Dプリンタおよび造形材料のメーカーであるStratasys Ltd. (NASDAQ: SSYS)(以下、ストラタシス)は、本日、同社CEOを務めるデイビッド・ライス(David Reis)が、第15回日経フォーラム「世界経営者会議」(日本経済新聞社主催)で登壇することを発表しました。 ライスは、イノベーションのために3Dプリントがどのように新市場を切り拓くのか、また今日のダイナミックなグローバルビジネスにおいて製造に必要な本質的条件とは何かについて議論します。

日経フォーラム「世界経営者会議」は、アジアを代表する国際会議のひとつであり、年に一度、優れた実績を上げた一流の経営者が世界から日本に集まり、グローバルの観点から経営の最新トレンドについて議論する場です。 「飛躍につながる攻めの経営 ~リーダーの条件」を今年のテーマとし、現在の不安定なビジネス環境において競争優位性を保つために必要な条件が主要な焦点となります。

ライスは、イノベーションを主導する専門知識を見込まれ、このテーマについて講演する参加要請を受けました。 講演テーマを「イノベーションが切り拓く新市場」と題し、3Dプリントが今後の主流となり、どのように事業環境に変革を起こすのか、そして競争優位性を保ちながら成功を収める一助となるのかという観点からお話します。

ライスは、「私が経験を通じて獲得した知識について、本フォーラムに参加して議論する機会を得ることができ、大変光栄に思います。 今日の事業環境において、創造性、大胆さ、ブレークスルーを融合した戦略が鍵となります。 3Dプリンティングのような革新的な技術のメリットを活用することで、製造業者が今まで想像もしなかった新たな機会と市場を切り拓くことが可能となります」と述べています。

また、今回、ライスの日本訪問に際し、ストラタシスは日本市場での取り組みを更に強化していくため、株式会社ストラタシス・ジャパンの東京オフィスを正式に開設したことを発表しました。

Stratasys Ltd.について

Stratasys Ltd.(Nasdaq: SSYS)は、ミネソタ州ミネアポリス及びイスラエルのレホボトに本部を置き、プロトタイピング及び生産向け3Dプリンター及び材料を製造している。同社の特許取得済みFDM®及びPolyJet®プロセスにより、3D CADファイル又はその他3D情報から直接プロトタイプ及び製造品の生産が可能となる。システムには、アイデア開発、プロトタイピング及びダイレクトデジタル製造向けの3Dプリンターが含まれる。Stratasysの子会社にはMakerBot及びSolidscapeが含まれており、同社は RedEye On Demandデジタル製造サービスの運営を行う。Stratasysは1,500人以上の従業員を擁し、全世界で500を超える取得済又は追加出願中の製造特許を持ち、かつ、そのテクノロジー及びリーダシップを表彰する20以上の賞を受けている。オンラインではwww.stratasys.com 又は http://blog.stratasys.comを参照。

報道関係者からのお問い合わせ先株式会社ストラタシス・ジャパン

吉澤 文
03-5542-0042
Aya.Yoshizawa@stratasys.com

エデルマン・ジャパン株式会社(ストラタシス・ジャパン広報担当)

中田 清光
TEL: 03-6858-7711
E-mail: stratasysjp@edelman.com

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.