企業情報

Stratasysは、3Dプリンティングの世界的リーダーであり、その最大のファンです。

Stratasysは、3Dプリンティングの価値やそのパワーだけでなく、世界にもたらす変化を確信しています。

当社は、製造業者にとって不可欠な3Dプリンティングを、設計者や教育者が使えるようにして、メーカーにインスピレーション与えるようなシステム、素材、コミュニティを構築します。

ストラタシス・ジャパン、製造向けのニーズに対応する新たな3Dプリンティングシステム2機種をリリース
最新の活用事例とともに設計製造ソリューション展にて初公開


〜製造向けソリューションに特化した最新3Dプリンティングシステム、F900シリーズとカーボン入り高機能材料に特化したF380シリーズを発表〜

〜豊田自動織機がトポロジー最適化とストラタシスのFDM方式3Dプリンタを活用しフォークリフト車体塗装工程の品質と作業効率を改善した活用例を発表〜



3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(Nasdaq: SSYS、以下ストラタシス)の日本法人、株式会社ストラタシス・ジャパン(以下、ストラタシス・ジャパン)は本日、製造向けに新たに開発された新しいFDM方式の3Dプリンティングシステム2機種をリリースすることを発表しました。また、大手輸送用機器メーカーの株式会社豊田自動織機(本社:愛知刈谷市、以下、豊田自動織機)が3Dプリンティング・ソリューションを活用した最適化によって、同社の主要製品であるフォークリフトの塗装マスキング工程を改善する治具の開発に成功したと発表しました。

新しくリリースされるF900プロダクション3Dプリンタは、MT接続インターフェイスを搭載、コンポジット材料にも対応する生産現場向けのシステムです。

新たな製造向けソリューション、F900 3Dプリンタシリーズ

Fortus900mcは、ラピッドツーリングや治工具、パーツ製造など様々な用途に活用されているストラタシスのフラッグシップFDMシステムです。この度、同システムの最新バージョンとしてリリースされるF900 3Dプリンタ*1は、新たに製造に適した精度と再現性を備えたMT接続対応のインターフェイスを搭載し、より高い要件を求められる生産現場でのニーズに対応するシステムです。 

F900は次の3つのソリューションに特化したシリーズとして提供されます: 

F900: 幅広いアプリケーションに対応するF900のスタンダードバージョン。
Stratasys F900 Aircraft Interiors Certification Solution (AICS): 航空機部品に必要とされるトレーサビリティと機能性を備えた業界初の航空機パーツ製造向け3Dプリンティングシステム。 
Stratasys F900 PRO: 最も高いFDM再現性とULTEM9085樹脂に対応する高い機能性を備えたバーツを造形できる生産グレードのシステム。


ハイパフォーマンス材料に特化した新システムFortus 380CF

Fortus380シリーズとして、新たにFortus 380CFをリリースします。Fortus 380CFは、ストラタシスFDM 3Dプリンタの誇る高い精度と安定性に加え、導入しやすい価格でありながら高パフォーマンス材料であるNylon12 CF(カーボンファイバー入りナイロン12)マテリアルに対応します。  


豊田自動織機がトポロジー最適化とアディティブ技術を活用、治具作製コストを5分の2に削減、作業時間を6分の1に短縮

豊田自動織機によるフォークリフトの塗装マスキング工程の作業効率を飛躍的に高める治具は、設計・製造などCADソフトのソフトウェアベンダー PTCジャパンによるトポロジー最適化*2と、ストラタシスの高性能FDM 3DプリンティングシステムFortus 900mcによって開発されました。この塗装用の位置決め治具では、作業者にとってより軽くて持ちやすく、正確な作業ができ、コストをさらに安価に抑えるための最適化が行われました。開発にあたり、まずPolyJet™方式の3Dプリンタによる試作を行い、次にFDM 3DプリンティングシステムFortus 900mcとABS樹脂による試作と軽量化、最終的にはさらにトポロジー最適化によって中空形状として再設計し、軽量化と耐久性の向上、コスト削減、作業効率の向上を実現しました。その結果、作業時間を従来の60分から10分に短縮することができました。

FDM 3Dプリンタで造形した無垢の試作モデル(上)と手作業による軽量化を行いFDM 3Dプリンタで造形した治具(中)、およびトポロジー最適化を行い、Fortus900mc 3Dプリンティングシステムで造形された治具。これにより作業時間を従来の1時間から10分に短縮できる。

豊田自動織機 技術・開発本部 R&D統括部ものづくり推進グループ グループ長 遠藤恭氏は、この治具開発について次のように述べています。「豊田自動織機では、フォークリフトをお客様のご要望ごとに、色やラインなどを細かくカスタマイズして塗装を施しています。そのご要望は車種や大きさ、用途などによって千差万別です。この塗装マスキング工程は、これまで作業者が罫書き*3によって手作業で行っていた際には、1時間を要していました。治具を導入しさらに改良した3Dプリント治具では、この作業をわずか10分に短縮する事に貢献できました。また、形状をトポロジー最適化し、さらにFortus900mcで造形することによって、治具の重量を最終的に0.3kgまで軽量化することができました。最適化と3Dプリンティングを最大限に活用することにより、治具製作コストを5分の2まで抑えるだけではなく、作業者の肉体的負担を減らし、より快適で作業効率の良い体制を実現することができました。」

ストラタシス・ジャパン、代表取締役 片山浩晶は次のように述べています。「試作用途から脱却し、今、3Dプリンティングは製造工程の様々な局面での活用がはじまっています。これは工程の効率化、スピードアップ、コストダウンなどの部分的な最適化を実現するだけでなく、製造現場にてデジタライゼーションの意識改革をもたらし、将来のものづくり変革へ準備を進めるものです。今回の豊田自動織機様の取り組みはその第一歩であり、我々ストラタシスは今後も、設計から製造まで、幅広いワークフローで弊社のソリューションを役立てていただけるよう尽力して参ります」

豊田自動織機により開発された治具、およびこの度リリースされる新システムFortus 380CFは、2018年6月20日より開催される第29回設計・製造ソリューション展のストラタシス・ジャパンブースにて展示しています。また、F900 は当社パートナーである丸紅情報システムズのブース(東3、24-34)にて、様々な最新の3Dプリンティングソリューションや国内外の最新ユーザー活用事例とともに展示・紹介されます。

出展概要:

イベント名称:   第29回 設計・製造ソリューション展
開催期間:          2018年6月20(水)~22日(金) 10:00-18:00 (最終日のみ17:00)
開催場所:          東京ビックサイト 東ホール
ブース番号:       東3 24-6
展示機器:        Stratasys J750
                           Objet260 Connex3
                           F370
                           F380CF

プレゼンテーションおよびライブデモンストレーション開催時間:

各日、10:30 – 17:00* の間、1時間ごと

*各セッションのスケジュールは、事前の予告なく変更される場合があります。詳しくはストラタシス・ジャパン(marketing.jp@stratasys.com)へお問い合わせください


販売について

F900 シリーズ
販売開始日:          2018年6月20日
価格および納期:   最寄りのストラタシス販売店にお問い合わせ下さい

Fortus 380CF 3D プリンタ
販売開始日:          2018年6月20日
価格および納期:   最寄りのストラタシス販売店にお問い合わせ下さい

ストラタシスの最新の3Dプリンティング・ソリューションに関するより詳しい情報は、ウェブサイトをご覧ください

各新製品の発売開始時期などの詳細については、ストラタシス・ジャパン、もしくは最寄りの販売店までお問い合わせください。

*1: 既存のFortus 900mcシステムは、F900システム3つのバージョンのいずれにもアップグレードすることが可能。
*2: トポロジー最適化とは、部品や道具など、使用する物体の形状を、より使いやすく、より壊れにくいものに最適化する手法のこと。最適化されたデザインは、その特性上アディティブマニュファクチャリングでの製造が適する。
*3: 罫書針や糸、マスキングテープなどによって塗装部分の位置を決め、作業者が塗装を行うための目安を決める作業です。




ストラタシス・ジャパンについて

ストラタシス・ジャパンは、ものづくりの設計・製造方法に変革をもたらす3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリングにおけるパイオニアとして、25年以上にわたり業界をリードしてきたStratasys Ltd.(NASDAQ:SSYS)の子会社です。 米ミネソタ州ミネアポリスとイスラエルのレホボトに本社を置き、設計や製造に対する新しい発想を推進することにより、多様な産業・幅広い分野のお客様のために貢献しています。 当社の3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションは、これまでにない設計の自由度や製造における柔軟性を提供し、デザインやコミュニケーションを向上するだけでなく、さらに市場投入までの時間短縮と開発コスト削減を実現することができます。 MakerBot やSolidscapeなどの子会社も含め、Stratasysのエコシステムには、プロトタイプやパーツを造形する3Dプリンタ、豊富な3Dプリンティング用マテリアル、Stratasys Direct Manufacturingによるオンデマンドのパーツ造形サービス、戦略的コンサルティングやその他専門的サービスがあり、さらにクラウドコミュニティであるThingiverseとGrabCAD では500万点以上もの無料の設計コンポーネントやプリント可能なファイルが公開されています。 Stratasys は世界中に2,700人以上の従業員と1,200 件以上の取得済みまたは申請中の製造特許を有しており、その技術とリーダーシップについて30 を超える賞に輝いています。


ストラタシスについて詳しくはhttp://www.stratasys.co.jp/またはhttp://blog.stratasys.com/jaをご覧いたんだくか、もしくはfacebookLinkedInでフォローしてください。

Stratasys, FDM, およびPolyJetはStratasys Ltd.の登録商標です。 また、Fortus900mc、FDM およびPolyJetテクノロジーはStratasys Ltd. およびその子会社、あるいは提携会社の商標、もしくは登録商標であり、いくつかの地域においては登録されている可能性があります。その他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。




<報道関係者からのお問い合わせ先>

株式会社ストラタシス・ジャパン
担当: ノースアジア担当 マーケティングディレクター 吉澤 文
Tel:03-5542-0042
E-mail:Aya.Yoshizawa@stratasys.com

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.