企業情報

Stratasysは、3Dプリンティングの世界的リーダーであり、その最大のファンです。

Stratasysは、3Dプリンティングの価値やそのパワーだけでなく、世界にもたらす変化を確信しています。

当社は、製造業者にとって不可欠な3Dプリンティングを、設計者や教育者が使えるようにして、メーカーにインスピレーション与えるようなシステム、素材、コミュニティを構築します。

ストラタシス・ジャパン、玩具メーカーの
タカラトミーがStratasysの3Dプリンティング
アプリケーションを活用した技術研究で
高品質・小ロットのトミカ試作製品の
製造に成功したことを発表

デジタルモールド®アプリケーションを活用し、
100台のトミカ試作品の小ロット生産を3週間で実現

DMSのストラタシス・ジャパンブースにて、研究結果と実際のアプリケーションを実演展示

iXine Barid

iXine Baridのデザインによるデジタルモールドトミカ(試作製品)レンダリングイメージ

3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(Nasdaq: SSYS、以下ストラタシス)の日本法人、株式会社ストラタシス・ジャパン(以下、ストラタシス・ジャパン)は本日、大手玩具メーカーの株式会社タカラトミー(本社:東京、以下タカラトミー)がPolyJet 3Dプリンティング・ソリューションを活用し、技術開発研究の結果、同社のフラッグシップ製品のひとつである「トミカ」の試作製品100台を3週間で製造することに成功したと発表した。 同試作品の製造にはストラタシス3Dプリンタでプリントした樹脂型を使用したデジタルモールド™アプリケーション(射出成形、金属プレス、ロストワックス)が全てのパーツの製造に採用されています。

この小ロット試作品「デジタルモールド・トミカ」は、「クロスエンジニアリング・プロジェクト」と呼ばれる異なる技術や業種の6社であるJMRP(東京都、全日本製造業活性化計画)、有限会社スワニー (長野県、以下スワニー)、中辻金型工業(大阪府、以下中辻金型)、株式会社キャステム(広島県、以下キャステム)、ストラタシス・ジャパンによるコラボレーションで実現したものです。今回初めて製造された「デジタルモールド・トミカ」は、メカニック・デザイナーとして著名な大河原邦男氏によりJMRPに提供されたキャラクター「iXine(イグザイン)」からインスパイアされてデザインされたスーパーラグジュアリー・スポーツカー「iXine Barid(バーリッド)」(大河原氏監修)の1/72スケールモデルです。全てのパーツはデジタルモールド・アプリケーションを使って製造されています(プラスチック部品は射出成形、メタル部品の車体はロストワックス、メタルホイール部品は金属プレス)。この100台のデジタルモールド・トミカは、トミカ実製品と同様のマテリアルを使用して、製品データを完成してからたった3週間で製造されました。同プロジェクトは、タカラトミーによる新たな製品開発を探求するための技術研究の一環として行われましたが、その結果はタカラトミーと各パートナー各社に短期の開発および製造期間という高付加価値を備えた製品製造への可能性を確信させるものでした。

タカラトミー、事業統括本部 技術開発部 試作開発課 専門課長 松岡洋和氏は次のように述べています。 「設計変更があるたびに従来の切削加工による金属金型を作成するのではなく、代わりにデジタルモールドを活用することで、最終製品と同じ材質の試作品を製造するターンアラウンドタイムを大幅に削減することが可能になります。通常トミカの実製品は亜鉛ダイキャストにより生産されていますが、今回の実験ではより高価なアルミ青銅合金(ALBC)によって製造されました。このように一般的な素材にこだわらず新たな挑戦ができるというのもデジタルモールドの大きなメリットのひとつです。また一方で、成形した試作品で設計検証を行うことですばやく金型を修正することもでき、それにより生産用の金属金型を作成した後に設計変更が発生するようなリスクを最小限に抑えることもできます。従来の製造方法では、このような複雑な形状のモデルを短期間でトミカ製品として製造することはとても困難です。しかし今、私たちは3Dプリンティングを活用することで、高い品質を維持しつつ、デザインや製造プロセスのために莫大な製造コストを投じることなく実現できるマスカスタマイゼーションのような3Dプリンティングを活用した新たな製造方法を探究することができます。」

iXine Barid フルカラー

DMSストラタシス・ジャパンブースで展示されている、iXine Baridの1/12スケール3Dプリント&塗装モデル(上)とJ750フルカラー3Dプリントモデル

ストラタシス・ジャパン、代表取締役 片山浩晶は次のように述べています。「3Dプリンティングは、製造業や工業系のユーザの皆様へ、3Dプリントで製造した樹脂型であるデジタルモールドを通じ、設計検証や製造プロセス、大きなコストや時間に関する気付きを与えます。デジタルモールドを活用すれば、その革新的なテクノロジーであるという性格上、より柔軟性がありカスタマイズも可能になります。私たちは特に、国内の設計者や、JMRPのような組織、様々な製造業やタカラトミー社と、玩具業界における3Dプリンティングの最終製品への活用の先駆者として、高い機械特性をもつPolyJetマテリアルを活用しコンシューマー製品の生産現場における3Dプリンティングの可能性をお見せすることができました。第2弾となるこのクロスエンジニアリング・プロジェクトは私たちにとっても重要なプロジェクトです。今後も多くの様々な技術をもつ企業と連携し、ストラタシスの3Dプリンティング技術を活かした新たなものづくりを目指します。」

ストラタシス・ジャパンは、設計・製造ソリューション展(DMS)で、導入しやすい価格のデスクトップ3Dプリンタから、フルカラー&マルチマテリアルや生産グレードの3Dプリンティングシステムまで、プロフェッショナル向けの3Dプリンティング・ソリューションを出展します。また、6月23日には、クロスエンジニアリング・プロジェクト関係者によるトークセッションも同ブース内ステージにて開催される予定です。

DMSは、CAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展です。毎年、製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザなど、3日間で国内外から80,000人以上が来場する展示会です。ストラタシス・ジャパンは、幅広い3Dプリンティング製品ラインナップと最新のデジタルマニュファクチャリング・ソリューションを、実演や国内外からのユーザ事例とともに紹介します。

展示会情報

  • 展示会名: 第27回 設計製造ソリューション展
  • 開催場所: 東京国際展示場(東京ビックサイト)
  • 出展場所:  ストラタシス・ジャパンブース 東ホール3、東3-52
  • 出展機器:  
    • Stratasys J750
    • Fortus450mc
    • Fortus250
    • Eden260VS
    • Objet30 Prime
    • MakerBot Replicator 5th
    • MakerBot Replicator Z18

 

クロスエンジニアプロジェクト・トークセッション:

  • 登壇者名:
    • 株式会社タカラトミー 事業統括本部技術開発部試作開発課 専門課長 松岡 洋和 氏
    • 有限会社スワニー 代表取締役社長 橋爪良博 氏
    • OCASILA株式会社 総括本部長 齋藤 礼嗣 氏
  • 開催日時:               6月23日13:50 – 14:10

*デジタルモールドは、有限会社スワニーの商標もしくは登録商標です。

Cross Engineering Projectについての動画は、こちらhttps://www.youtube.com/watch?v=bTILT2A-eeY&feature=youtu.be でご覧ください。

 

ストラタシス・ジャパンについて

ストラタシス・ジャパンは、ものづくりの設計・製造方法に変革をもたらす3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリングにおけるパイオニアとして、25年以上にわたり業界をリードしてきたStratasys Ltd.(NASDAQ:SSYS)の子会社です。 米ミネソタ州ミネアポリスとイスラエルのレホボトに本社を置き、設計や製造に対する新しい発想を推進することにより、多様な産業・幅広い分野のお客様のために貢献しています。 当社の3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションは、これまでにない設計の自由度や製造における柔軟性を提供し、デザインやコミュニケーションを向上するだけでなく、さらに市場投入までの時間短縮と開発コスト削減を実現することができます。 MakerBot やSolidscapeなどの子会社も含め、Stratasysのエコシステムには、プロトタイプやパーツを造形する3Dプリンタ、豊富な3Dプリンティング用マテリアル、Stratasys Direct Manufacturingによるオンデマンドのパーツ造形サービス、戦略的コンサルティングやその他専門的サービスがあり、さらにクラウドコミュニティであるThingiverseとGrabCAD では500万点以上もの無料の設計コンポーネントやプリント可能なファイルが公開されています。 Stratasys は世界中に2,700人以上の従業員と800 件以上の取得済みまたは申請中の製造特許を有しており、その技術とリーダーシップについて30 を超える賞に輝いています。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.