企業情報

Stratasysは、3Dプリンティングの世界的リーダーであり、その最大のファンです。

Stratasysは、3Dプリンティングの価値やそのパワーだけでなく、世界にもたらす変化を確信しています。

当社は、製造業者にとって不可欠な3Dプリンティングを、設計者や教育者が使えるようにして、メーカーにインスピレーション与えるようなシステム、素材、コミュニティを構築します。

ニュースリリース

2015年7月8日

ストラタシスの3Dプリンタを活用し、
MTG社のBODY REVOLUTION PROJECTにおける
クリスティアーノ・ロナウド選手の
等身大「サイバー・クローン」を製作

~ストラタシスの最新3Dプリンティング技術とLegacy Effects社の熟練のSFX技術の融合により、
ビジュアルだけでなく肌の質感、筋肉の稼働、表情の変化までも精巧に再現~

3Dプリンティングおよびアディティブマニュファクチャリングソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(Nasdaq: SSYS、以下ストラタシス)の日本法人である株式会社ストラタシス・ジャパン(以下、ストラタシス・ジャパン)は本日、美容機器メーカーの株式会社MTG(愛知県名古屋市、以下MTG社)が展開する「BODY REVOLUTION PROJECT」で同社のイメージキャラクターを務めるクリスティアーノ・ロナウド選手の肉体を精巧に再現した等身大サイバー・クローンをハリウッドの特撮工房Legacy Effects社と共同製作したと発表しました。

等身大サイバー・クローン製作は、ストラタシスの最新の3Dプリンティング・ソリューションとLegacy Effects社が誇る特殊メイク、造形技術を含むSFXの融合により、MTG社の新製品である「SIXPAD」(ウェアラブルトレーニングギア)のプロモーションとして作製されました。

Effect Skin

ストラタシスとLegacy Effects社の持つ最新の技術により製作されたクリスティアーノ・ロナウド選手の等身大サイバー・クローン

製作にあたり、ロナウド選手の肉体を110台の一眼レフデジタルカメラをシンクロさせた3Dスキャナを用いて立体的に測定し、ストラタシスのマルチマテリアル3Dプリンタ Objet500 Connex3™を使用しサイバー・クローン作製のための詳細なマスターモデルや、LEDライトの投影部位に使用する筋繊維様を表現したスケルトンパーツを造形しました。 また、微妙な表情を演出するための眼球や瞼、眉、顎などの稼働には、内部にカスタムメイドの機構部品を使用しており、これらのパーツにはストラタシスのDimension ®3Dプリンタが使用されました。 さらに、Legacy Effects社の最先端の特殊メイク技術を使用し、骨格や皮膚の質感、顔の表情など細部まで、忠実に再現しています。

腹部、上腕部、大腿部には表層部にシリコン素材を使用したスケルトン構造が採用され、MTG社の新製品の装着時に発生する筋肉の収縮運動の可視化を実現しました。 これらスケルトン構造の下層部分にはストラタシスの3Dプリンタ Objet500 Connex3で造形した筋組織様デザインパーツと独自プログラムを施したLEDを配置し、MTG社のウェアラブルトレーニングギア「SIXPAD」の動作に反応して可動、発光するよう設計されています。

ストラタシス・ジャパン 代表取締役社長の片山 浩晶は、以下のように述べています。 「MTG社のBODY REVOLUTION PROJECTの一環として、クリスティアーノ・ロナウド選手のサイバー・クローン製作に協力できたことを、とても光栄に思っています。 このサイバー・クローンの作製は、3Dプリンティングがビジネスにもたらすことができる限りない創造性と可能性を正に実証しています。 3Dプリンティングは、デザイナーのための革新的なアイデアを輝かせるだけでなく、これまで不可能だと考えられてきたことを実現しようとする企業にもパワーを与えることができます。Stratasysの3Dプリンティング・ソリューションは、イノベーションによりリードされるものであり、そして国内だけでなく海外企業とのコラボレーションももたらします。」

「サイバー・クローン」は、7月8日から12日まで丸ビル 1Fマルキューブ(東京都中央区)にて展示され、その後はMTG社の「SIXPAD」プロモーションでアジア各国を訪問する予定です。
※プロモーションの日程および詳細は、MTG社特設ウェブサイト「MTG×Cristiano Ronaldo」 http://cr.mtg.gr.jp/ をご参照ください。

ストラタシス・ジャパンについて

ストラタシス・ジャパンは、米国ミネソタ州ミネアポリスとイスラエルのレホボトに本社を置く、3D プリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションを提供する世界的なリーディングカンパニー、Stratasys Ltd. (Nasdaq: SSYS)の子会社です。 Stratasys の特許取得済みのFDM®およびPolyJetTM プロセスは、3D CAD ファイルなどの3D コンテンツからプロトタイプや製品をダイレクトに生産します。 システムには、アイデア開発向けの手頃な価格のデスクトップ3D プリンタ、プロトタイプ作成やDDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)向けのシステムが含まれています。 Stratasys の子会社には、MakerBot やSolidscape、デジタル・パーツ・マニュファクチャリング・サービスを提供するStratasys Direct Digital Manufacturingがあります。 Stratasys は世界中に3,000人以上の従業員と800 件以上の取得済みまたは申請中の製造特許を有しており、その技術とリーダーシップについて30 を超える賞に輝いています。

Legacy Effectsについて

ハリウッドの特撮映画スタジオ・制作会社。ストラタシスの3Dプリンティング技術をはじめとする最新のテクノロジーを活用し、『アイアンマン』シリーズの撮影用スーツ製作を始め、『パシフィック・リム』やリメイク版『ロボコップ』、ゲーム Halo の実写シリーズ『Halo 4: フォワード・オントゥ・ドーン』など、SFXやCGに留まらないビジュアルデザインと製作を担当するスタジオ。
最近では、アメリカ特殊作戦軍 SOCOM が監督する特殊部隊用次世代ユニフォーム開発計画 TALOS (Tactical Assault Light Operator Suit) プロジェクトにも参加しています。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.