企業情報

Stratasysは、3Dプリンティングの世界的リーダーであり、その最大のファンです。

Stratasysは、3Dプリンティングの価値やそのパワーだけでなく、世界にもたらす変化を確信しています。

当社は、製造業者にとって不可欠な3Dプリンティングを、設計者や教育者が使えるようにして、メーカーにインスピレーション与えるようなシステム、素材、コミュニティを構築します。

ニュースリリース

2015年2月3日

 

StratasysがFDMおよびPolyJet 3Dプリンティング用の
マテリアルオプションをリリース、
さらにソリューションを拡張

~FDMシステム向けASAマテリアルの新カラー8色とPolyJetシステム向け新デジタルマテリアル20種を追加~

 

3D プリンティングおよびアディティブマニュファクチャリングソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(NASDAQ:SSYS、以下ストラタシス)の日本支社である株式会社ストラタシス・ジャパン(以下、ストラタシス)は、ASA 熱可塑性プラスチックシリーズに新カラーを、また、さらに多くのデジタルマテリアルをリリースしました。

2014年9月に発売されたASAは、プロトタイプや製造ツール、およびエンドユースパーツの製造に使用される多用途向けFDMマテリアル です。 既に一昨年リリースされたアイボリーとブラックの2色に加えて、新たに8色(赤、オレンジ、ダークグレー、黄、緑、青、白、ライトグレー)のオプションが利用できるようになりました。 これにより、ASAでも既存の他のFDMマテリアルで提供されていたカラーオプションのほとんどが提供されるようになり、ユーザーは、耐候性を備えた頑強かつ耐久性に優れた色彩豊かなパーツを作成できるようになります。

ASAでも、既存のFDMマテリアルと同等のカラーオプションを提供できるようになりました。

ASAは、卓抜した表面仕上げを提供し、現在利用可能なFDMマテリアルのうちでも最高レベルの美しさを実現します。 特にASAのマットフィニッシュモデルでは、ABSマテリアルと比較してプリントしたテキストなどのディティール表現やその他の機能は大幅に改善されています。

Fortus 360mc、400mcおよび900mc 3Dプロダクションシステムに適合するASA熱可塑性プラスチックは、スポーツ用品、アウトドアツール、電気製品、玩具、自動車などのさまざまな業界のメーカーで活用できる高機能マテリアルです。

ストラタシスは、これらASAの新カラーオプションに加えて、Endur マテリアルを他のベース素材と組み合わせた20のデジタルマテリアルを追加。 PolyJet技術(1000を超える素材オプションを提供)をさらに拡張しました。 Endurデジタルマテリアルを使用することにより、ユーザーは硬質素材と組み合わせることで多様なグレースケールカラーでモデルを作成できるほか、柔軟素材と組み合わせることでさまざまなショアA値を再現することができます。 

EndurEndurデジタル素材により、薄い壁の部品や一体型ヒンジを製造できます。

新たに加わった20のオプションのうち、8つは新しい硬質デジタルマテリアルで、広範な6種類のグレースケールと2種類のホワイトスケールを利用できます。

これらに加え、さらに12の新しい柔軟性デジタルマテリアルでは、広範なショアA値を提供します。(このうち6種類はEndurとTangoBlackPlusとの組合わせ、残り6種類はEndurとTangoPlusとの組み合わせです)

2014年4月に発売されたEndurは、Objet EdenV、Objet Connex システム、Objet30 Prime およびObjet 30Pro 3Dプリンタに対応する、高度なポリプロピレンライク材料です。Endurは、コンシューマー製品、家電、自動車部品、電気製品、研究機器などの業界における多様なメーカーに、プロトタイピングでの利点を提供するマテリアルです。 この新たなデジタルマテリアルを使用することで、例えば、容器、CDケース、ガスケット、靴底、ハンドルなど、薄壁や一体型ヒンジ、スナップフィットや可動/組立部分を備えた機能プロトライプを製作することが可能になります。

PolyJetコンシューマブルのプロダクトマネジメント・ディレクターであるBoaz Jacobiは、次のように述べています。 「Endurデジタルマテリアルを導入することにより、3Dプリントで作成した耐久性のあるプロトタイプで、より優れた柔軟性と多用途性をお客様に提供することができるようになりました。 これは、一体型ヒンジやスナップフィットなどの機能プロトタイピング・アプリケーションに適した、非常に優れたPolyjetソリューションです。」

 

ストラタシス・ジャパンについて

ストラタシス・ジャパンは、米国ミネソタ州ミネアポリスとイスラエルのレホボトに本社を置く、3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションを提供する世界的なリーディングカンパニー、Stratasys Ltd. (Nasdaq: SSYS)の子会社です。 Stratasysの特許取得済みのFDM®およびPolyJet™ 3Dプリンティング・テクノロジーは、3D CADファイルなどの3Dコンテンツからプロトタイプや製品をダイレクトに生産します。 システムには、アイデア開発向けの手頃な価格のデスクトップ3Dプリンタ、プロトタイプ作成やDDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)向けのシステムが含まれています。 Stratasysの子会社には、MakerBotやSolidscape、デジタル・マニュファクチャリング・サービスを提供するStratasys Direct Digital Manufacturingがあります。 Stratasysは世界中に2,800人以上の従業員と600件以上の取得済みまたは申請中の製造特許を有しており、その技術とリーダーシップについて25を超える賞に輝いています。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.