企業情報

Stratasysは、3Dプリンティングの世界的リーダーであり、その最大のファンです。

Stratasysは、3Dプリンティングの価値やそのパワーだけでなく、世界にもたらす変化を確信しています。

当社は、製造業者にとって不可欠な3Dプリンティングを、設計者や教育者が使えるようにして、メーカーにインスピレーション与えるようなシステム、素材、コミュニティを構築します。

ストラタシスPolyJet技術による3Dプリント樹脂型「デジタルモールド®」を活用した新製品「MINAMO(みなも)」がTRINUSより製品化

~デジタル x 町工場と3Dプリンティング・アプリケーションの活用による高付加価値のプロダクトを開発~

~デジタルモールド・プレスの活用により、有機的デザインかつ鏡面仕上げのステンレス製品の小ロット生産を実現~

3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(Nasdaq: SSYS、以下ストラタシス)の日本法人、株式会社ストラタシス・ジャパン(本社:東京、以下、ストラタシス・ジャパン)は本日、PolyJet 3Dプリンターによる3Dプリント樹脂型「デジタルモールド」を活用した新製品「MINAMO(みなも)」が、株式会社TRINUS(トリナス、本社:東京都、以下TRINUS)より製品化されることを発表しました。「MINAMO」は、水面の滑らかなゆらめきのような複雑なデザインを施した器であり、鏡面仕上げをしたステンレス板を使用して製造されました。 本製品の製造には、ストラタシス独自の造形材料による3Dプリント樹脂型を使用するデジタルモールド®アプリケーションが採用されています。

ストラタシス3Dプリンターによるデジタルモールド・プレス技術を活用して開発・製造された器「MINAMO(みなも)」。TRINUSの提供する商品化を前提としたモノづくりプラットフォームの取り組みにより実現した。

新製品「MINAMO」は、優れた技術を誇る日本国内の中小メーカーや、革新的なアイデアを持つデザイナーとコラボした商品開発事業を行うTRINUSのプラットフォーム内のプロジェクトとして実現した製品です。同製品は、コンピュータのシミュレーションにより水面の滑らかなゆらめきを再現した複雑なデザインが施された鏡面仕上げのステンレス板製の器です。 ストラタシスおよび同社ソリューション・パートナーである有限会社スワニー(本社:長野、以下スワニー)と中辻金型工業株式会社(本社:大阪、以下中辻金型工業)によって、ストラタシスのPolyJet 3DプリンターとデジタルABSマテリアルで造形されたデジタルモールド™を活用した、ものづくりのプロセスをより効率的にするための新たなアプリケーションである「デジタルモールド・プレス」のメリットを活かした製品デザインの公募において、2016年12月に最終的に採用されたものです。 デジタルモールドを金属プレスに採用することにより、従来の金属金型において成型時に起こるスプリングバックや金属同士の接触による傷などを回避するための工数や後処理を削減することができるほか、ユーザーは試作品や小ロットの成形品を、低コストかつ短期間で、複雑なデザインを採用して実際の最終製品と同じ素材で作製することが可能になります。

MINAMOのプレス成型に使用した デジタルモールド。ストラタシスのConnexプリンターとデジタルABS樹脂で作られた樹脂金型を活用することで、これまで難しかった複雑かつ滑らかな鏡面仕上げの器をステンレス材で成型することを実現した。

中辻金型工業の営業総括部長 戸屋加代氏は次のように述べています。「『MINAMO』のような有機的かつ複雑な形状を、鏡面仕上げのステンレス板を金属金型で成型するには、スプリングバックによる戻りを考慮した複数の金型や、成型後の傷処理など多くの工程を必要とします。 しかし、このデジタルモールドを活用することで、1つのモールドで成型することができるだけでなく、成型品に傷をつけることはないので、あらかじめ鏡面仕上げをしてある素材を使用でき、後処理を施す必要がありません。300ショット以上の成型にも十分に対応できるため、単なる試作品のみでなく小ロットの生産方法のひとつとして活用することができます。」 

スワニー 代表取締役社長 橋爪良博氏は次のように述べています。「デジタルモールド・プレスがもたらすのは時間やコスト面のメリットだけではありません。今回の取り組みのように、ものづくり技術を持つ町工場と高い想像力を持つデザイナーとの連携による高い可能性を秘めた製品を市場投入するための可能性も提供します。

スワニーは引き続きデジタルモールドとものづくりの技術を活かした製品開発を続けていきます」 

実際にデジタルモールドを活用して小ロット生産されたこのMINAMOは、現在TRINUSウェブサイト内にて、クラウドファンディング方式で販売が開始されています。

ストラタシス・ジャパンの代表取締役社長 片山浩晶は次のように述べています。「今回の取り組みはまさにストラタシスの提案する3Dソリューションの目指すかたちです。 デジタルモールドをはじめとするストラタシスの最新のソリューションは、国内メーカーの持つ優れた技術やノウハウ、そしてデザイナーの創造系と連携することで、ものづくりに大きく貢献します。ストラタシスは、今後も皆様に役立つソリューションを提供していきます。」


MINAMO(みなも)

販売元: TRINUS

製品デザイン: 柴垣瑛才

技術協力: 中辻金型工業、スワニー、ストラタシス・ジャパン

先行予約サイト: TRINUSウェブサイト内https://trinus.jp/developments/7?topic=41

予約販売受付期間: 2017年1月31日まで

出荷開始予定: 2017年2月

TRINUSについて

TRINUSは、日本にある可能性を秘めたユニークな技術に光を当て、これらを活用した製品企画・プロダクトデザインをデザイナーのみなさんから募集、ユーザーからのフィードバックを踏まえて選定し、TRINUSの自社製品として製品化を行い国内外で販売を行う、新しい共創型メーカーです。 TRINUSについての詳しい情報は、https://trinus.jp/をご覧ください。

中辻金型工業について

中辻金型工業は昭和49年の創業以来、プレス金型製造技術を基盤としプレス加工を始め様々な金属加工を皆様に提供する会社です。固定概念にとらわれることなくユーザーの製造要求事項をいかに実現するかを考えた設計を展開し、3Dプリンター等の最新のツールを使った金型作りにチャレンジしています。また町工場との連携により試作から量産、完成品まで一貫して生産できる体制を整え、「未常識を常識に」をキーワードに最新のツールを活かした金型製造に加え、自社商品の開発やプレス金型講座を開催するなどコトづくりも展開しています。 中辻金型工業について、詳しくはhttp://www.nkk-24.co.jp/をご覧ください。

スワニーについて

スワニーは、高い設計力と固定観念にとらわれない発想力、最新の3次元ツールとものづくりのノウハウを活かし事業を展開する設計会社です。 従来の成型加工およびデジタルソリューションの常識を打ち破る3Dプリンターの活用方法である「デジタルモールド®」等さまざまな最先端の「デジタル技術を駆使したものづくり(デジタル・ファブリケーション)」を開発。 また、行政や地元の町工場と連携し製品設計開発・製造までを一貫して行う完全地産のご当地お土産プロジェクトを発案、主導するなど、カタチにとらわれない幅広い事業展開を行っている。 スワニーについての詳しい情報は、http://www.swany-ina.com/をご覧ください。 デジタルモールドに関する詳しい情報は、http://www.swany-ina.com/dm.html をご覧ください。

ストラタシス・ジャパンについて

ストラタシス・ジャパンは、ものづくりの設計・製造方法に変革をもたらす3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリングにおけるパイオニアとして、25年以上にわたり業界をリードしてきたStratasys Ltd.(NASDAQ:SSYS)の子会社です。 米ミネソタ州ミネアポリスとイスラエルのレホボトに本社を置き、設計や製造に対する新しい発想を推進することにより、多様な産業・幅広い分野のお客様のために貢献しています。 当社のソリューションは、これまでにない設計の自由度や製造における柔軟性を提供し、デザインやコミュニケーションを向上するだけでなく、さらに市場投入までの時間短縮と開発コスト削減を実現することができます。 MakerBot やSolidscapeなどの子会社も含め、Stratasysのエコシステムには、プロトタイプやパーツを造形する3Dプリンター、豊富な3Dプリンティング用マテリアル、Stratasys Direct Manufacturingによるオンデマンドのパーツ造形サービス、戦略的コンサルティングやその他専門的サービスがあり、さらにクラウドコミュニティであるThingiverseとGrabCAD では200万点以上もの無料の設計コンポーネントやプリント可能なファイルが公開されています。 Stratasys は世界中に2,700人以上の従業員と1,200件以上の取得済みまたは申請中の製造特許を有しており、その技術とリーダーシップについて30 を超える賞に輝いています。

ストラタシス・ジャパンについて、詳しくはhttp://www.stratasys.co.jp/をご覧いただくか、もしくはLinkedInまたはhttps://www.facebook.com/stratasysJP/でフォローしてください。

 Stratasys, Fortus, FDM, およびObjetはStratasys Ltd.の登録商標です。また、Connex、FDM およびPolyJetテクノロジーはStratasys Ltd. およびその子会社、あるいは提携会社の商標、もしくは登録商標であり、いくつかの地域においては登録されている可能性があります。その他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。 

デジタルモールドは、有限会社スワニーの商標、もしくは登録商標です。
  

<報道関係者からのお問い合わせ先>

◆株式会社ストラタシス・ジャパン
担当: マーケティングディレクター 吉澤 文
Tel: 03-5542-0042
E-mail: Aya.Yoshizawa@stratasys.com

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.