ニュースルーム

ストラタシス・ジャパン、プロトタイピング市場向けにネットワーク対応の工業用オールインワン3Dプリンタシリーズを発表

Stratasys F123シリーズを発表

2017年2月

プレスリリース

ストラタシス・ジャパン、プロトタイピング市場向けにネットワーク対応の工業用オールインワン3Dプリンタシリーズを発表

~新製品3Dプリンタ「Stratasys F123シリーズ」は、オフィス環境におけるユーザビリティと高精細なFDM 3Dプリンティングにより、ラピッドプロトタイピングのあらゆるニーズに対応~

~新製品「F123 シリーズ」3Dプリンタを「3D Printing 2017」で国内初展示、最新のソリューションと共に実機デモを実施~

3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(Nasdaq: SSYS、以下ストラタシス)の日本法人、株式会社ストラタシス・ジャパン(本社:東京、以下、ストラタシス・ジャパン)は本日、本日、新しいFDM 3Dプリンタ「F123シリーズ」を発表しました。プロ向けラピッドプロトタイピング・ソリューションとして、オフィスや教育現場の環境で簡単に利用できる「F123シリーズ」は、優れたユーザビリティと高精細なFDM 3Dプリンティングにより、ラピッドプロトタイピングのあらゆる要件を満たし、コンセプトモデルの作製から設計確認、さらに高度な機能テストまでを可能にします。この新製品は、2月15~17日まで開催される「3D Printing 2017」のストラタシス・ジャパンのブースにて国内で初めて展示され、デジタルモールドなど最新の活用事例と共に紹介されます。

新しい「Stratasys F123シリーズ」は、優れたユーザーエクスペリエンスとエンジニアリンググレードの品質の組み合わせにより、包括的なプロトタイピング・ワークフローを実現します。

設計チームのラピッドプロトタイピングのニーズを完全に満たすソリューション

「F123シリーズ」は、造形サイズの異なる3機種(Stratasys F170™、F270™、F370™)で展開しています。専任の技術者でなくても簡単に利用することが可能で、エンジニアリンググレードのFDM 3Dプリンティング・マテリアルで、耐久性の高い正確なプロトタイプを迅速に造形することができます。「F123シリーズ」3Dプリンタは、設計初期段階のコンセプトモデルから、設計確認、最終的な機能テストまで、プロトタイピングのワークフロー全体で活用することができます。これにより、生産工程前の徹底的な製品評価、開発スピードの加速を実現します。

続きを読む


イメージギャラリー

Xtend 500 Fortus Plus

Xtend 500は、標準的なキャニスターの5倍以上の出力を実現します。

この画像をシェアする

Xtend 500 Fortus Plus

BMW Air Gate

マシンのサイズが大きいことで、さまざまなアプリケーションに対応する柔軟性が得られます。

この画像をシェアする

BMW Air Gate

ラジエータファン

RigurはObjet1000 Plus 3Dプロダクションシステムと互換性があります。

この画像をシェアする

ラジエータファン

Objet1000 Plus 3Dプロダクションシステム

Objet1000 Plusでは、プリント速度が最大40%高速になります。

この画像をシェアする

Objet1000 Plus 3Dプロダクションシステム

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.