3D printed model drill.

コンセプトモデリング

アイデアを伝える。インスピレーションを実物に。

コンセプトデザイン段階において、3Dプリンタを利用することによって、エンジニアやデザイナーは数時間または、1日程度で、最終製品に近い実際のモデルを手に取ることができます。

社内のコンセプトモデリングでは、インスピレーションを現実に証明し、製品開発の早期改善への取組、マーケティング活動、設計変更による手戻りを未然に防ぐなど、コスト削減にもつながります。

お使いのコンセプトモデルの用途を検索

3D printed housing for a video game controller, curvy with cavities

コンセプトモデルにより、小規模な設計・エンジニアリング会社が、より多くのアイデアをテストし、的を得たプロジェクトだけを開発することで活動範囲を拡げることができます。

大企業では、部門内—場合によっては個々の小部屋内—内でのコンセプトモデルが、上司に提示する前にアイデアを磨くための方法となります。3Dプリントしたコンセプトモデルは、価値あるコミュニケーションツールであり、コンピュータモデルでは決してできなかった、同僚、クライアント、マーケターにアイデアを伝えることができます。

Stratasys熱溶融積層法(FDM)の技術は、生産グレードの熱可塑性プラスチックで手頃な価格の耐久性のあるコンセプトモデルを提供します。オフィスに優しい–に優しいFDM 3Dプリンタは、数時間で小型モデルを、数日間で大型モデルを作り上げます。FDMコンセプトモデルは、必要に応じて、ドリル、サンディングまたは塗装することができます。

Stratasys PolyJet 3Dプリント技術は、任意の3Dプリントプロセスの最も現実的なモデルを生成します。複数の材料を1つの自動化ビルドに組込み、精密な詳細部、滑らかな表面、強固なハウジング、ソフトタッチボタン、レタリング、ゴム状シール、さらにはクリアなコンポーネントのある完成品のような外見と感触のモデルを作製できます。

次のステップ

アプリケーションでお困りならFDMとPolyJetテクノロジーで解決しましょう

お問い合わせ

このページをシェア