FDMテクノロジー

実際の熱可塑性プラスチックを使って3Dプリントされた耐久性に優れたパーツ

FDM技術と製品グレードの熱可塑性プラスチックにより、強力で耐久性が高く、寸法安定性の高いパーツを3Dプリント技術の最高の精度と反復可能性で作成します。

FDMテクノロジーの技術革新

Stratasysの創設者であるスコット・クランプが、20年以上前にFDMテクノロジーを開発して以来、Stratasysは絶えず3Dプリント技術に革新をもたらしてきました。当社の製品は、大手製造業者、デザイナー、エンジニア、教育者を始めとして多くの専門家に愛用されてきました。

FDMの仕組み

FDMテクノロジーを採用する3Dプリンタは、熱可塑性プラスチックマテリアルを半液状にとかし、コンピュータが制御する経路に沿って押出成形していくことで一層ごとにパーツを構築します。 プロセスは簡単です。

  1. 前処: ビルド準備ソフトウェアがCADファイルをスライスして位置決めし、熱可塑性プラスチックおよび必要なサポートマテリアルを押し出す経路を計算します。
  2. 造形: FDMはプリント時、完成品となるモデリングマテリアルと足場的役割を果たすサポートマテリアルの2つのマテリアルを使用します。 マテリアルフィラメントが3DプリンタのマテリアルベイからX座標とY座標上を移動するプリントヘッドに供給され、マテリアルを付着させて各層を完了してから、ベースがZ軸を下方に移動して次の層が開始されます。
  3. ポストプロセス: 3Dプリンタでモデル造形を完了したら、サポートマテリアルを手作業で取り外したり溶解したりして除去することができます。完成したパーツはそのままお使いいただけます。

詳細については、弊社の FDM お問い合わせページ または「FDMを活用した3Dプリンティング」ホワイトペーパーをご覧ください。

FDMのメリット

  • FDMは、クリーンで使いやすく、オフィスに優しい3Dプリントプロセスです。
  • 熱可塑性プラスチックパーツは、熱、化学物質、湿気、乾燥した環境への露出や機械的応力に耐えることができます。
  • 可溶性サポートマテリアルにより、従来の製造方法では困難であった複雑な形状や空洞形状を簡単に作成できます。

FDM熱可塑性プラスチック

FDMテクノロジーでは、射出成形、CNC加工、その他の従来の製造プロセスで使用されるものと同等の強度の高い安定したプラスチックで部品を作成します。 タイトな公差、強靭性および環境安定性または静電気消散、透明性、生物学的適合性、VO 可燃性またはFST評価などの特殊な特性などが必要な応用分野では、そうした条件を満たすFDM熱可塑性プラスチックがあります。

FDM 3Dプリンタ

アイボリープラスチックで3Dプリントしたスケールエンジンブロックモデル

Ideaシリーズ

安価なモデルとプロトタイプでアイデアを開発してください。 Ideaシリーズ3Dプリンタは机の上にフィットし予算内で購入できます。

複雑な形で、色とりどりの遊星歯車

Designシリーズ

厳しい試験に耐える強力で耐久性が高く寸法安定性の高いパーツでデザインを完成させてください

Ultem 1010

製品シリーズ

プロトタイプおよびツーリングを目的とした広範囲のカラーとマテリアル特性で製品開発のあらゆるステージに機敏性と美しい外観をもたらします。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.

このページをシェア

parts on demand

オンデマンド造形
サービス

お手持ちの3Dデータ(STLファイル)をアップロードして造形の見積もりを作成・注文を行うことが可能です。
FDM熱可塑性プラスチックまたは、PolyJetフォトポリマー樹脂による造形サービスの提供が可能です。

アカウントの作成