製品概要

    プロトタイピングを
    よりスマートかつ、簡単に。

    Stratasys F123 シリーズは、初心者からプロフェッショナルまで、すべてのユーザにとって簡単に操作・運用していただけるよう設計されています。また、コンセプトモデルから、設計検証、機能試験まで、試作開発段階において必要とされる様々な用途にご利用いただけます。造形操作も簡単、一般的に使用される CAD ファイル形式のデータを GrabCAD に直接インポートできます。F123 シリーズは、F170、F270、F370 の 3 機種で構成され、それぞれプロトタイピングのあらゆるニーズに対応して利用可能な幅広い機能を備えています。

    最小限のセットアップ:
    シンプルなプラグ&プレイ機能により、どこからでも 3D プリントへのアクセスが可能です。

    自動キャリブレーション:
    トラブルシューティングの時間を短縮し、貴重な時間をプロトタイプピングのためにお使いいただけます。

    素早く簡単なマテリアル交換:
    デザインチームの生産性を最大限に高めます。

    お問い合せ
    a front view of the Dorado
    対応マテリアル

    多彩なパフォーマンスを簡単に。

    Stratasys F123 シリーズは、低価格のコンセプトモデルから頑丈な組立パーツまで、素早くあらゆるパーツを造作します。

    排除が簡単な可溶性支持マテリアル*を含む、最大4種類の異なるマテリアルから選択できます。精度、ディテール、再現性を損なうことなく、複雑なパーツや組立パーツを造作できます。初期デザインでさえ、品質と信頼性を損なうことはありません。

    モデル材:

    F170 / F270:PLA* 、ABS-M30、ASA**

    F370:PLA*、ABS-M30、ASA**、PC-ABS

    * PLA はQSR(ソリュブル)サポートには対応していません。モデル材でサポートを造形します。
    * * ASA マテリアルの対応については、2018 年中を予定しています。

     

    サポート材:

    QSR

    PLA スペックシート(英語)
    a man filling up a 3D printer with filimant
    製品仕様

    製品仕様

    筐体の寸法と重量:

    1626 x 864 x 711 mm
    227 kg


    造形サイズ:

    Stratasys F170:254 × 254 × 254 mm(X、Y、Z)

    Stratasys F270:305 x 254 x 305 mm(X、Y、Z)

    Stratasys F370:355 x 254 x 355 mm(X、Y、Z)


    積層ピッチ:

    ・0.330 mm 
        ABS、ASA、PC-ABS

    ・0.254 mm 
        PLA、ABS、ASA、PC-ABS

    ・0.178 mm
        ABS、ASA、PC-ABS

    ・0.127 mm 
        ABS、ASA、PC-ABS


    精度:

    次のうち高い方の精度で製造: +/- 0.200 mm または +/- 0.002 mm/mm


    カタログダウンロード
    a front view of the Dorado
    対応ソフトウェア

    シンプルなソフトウェア

    直感的に扱える GrabCAD Print ソフトウェアにより、3D プリントを簡単に行えます。CADファイルは、すべてのプリントジョブの準備、スケジューリング、監視、およびレポート作成を簡素化します。また、共有オフィスやモデルショップにおいてジョブ管理を合理化するための効率的なワークフローを作成にも役立ちます。

    • CADから直接プリント
    • 最新情報の通知
    • マテリアルレベルを監視
    • 精度と品質を保つための自動トレイ配置
    • プリントキューを整理する

    multiple devices with a CAD file displying

    a smart phone that is keeping track of the F123 series 3d printing progress
    スマートなプロトタイピング:ストラタシスF123シリーズ

    この3Dプリンタは、プロのデザイナーやエンジニアに力を与える、よりスマートなプロトタイピングのためのあなたの新しいチームプレーヤーです。

    • MakerBot