Objet30 Proとスタンド

Objet30 Pro

卓越した価値を生み出す精密デスクトップ3Dプリンティング

Objet30 Proで、あなたのビジョンを現実に変えてください。透明および高耐熱性材料を含む最大8種類の異なる物性を持つマテリアルに対応した、卓越した価値を生み出すデスクトップ3Dプリンタです。

小さな筐体でありながら大きなトレイサイズを搭載。最大限に活用いただけます。あなたのオフィスで、驚くほどリアルなモデルを作ってください。可能性は無限です。

デスクトップで8つの3Dプリント
マテリアルが利用可能

7つのマテリアルでできたモデルカー

Objet30 Proはハイエンドラピッドプロトタイプマシンの精度と多様性をデスクトップ3Dプリンタの小さいフットプリントと組み合わせました。PolyJetテクノロジーを利用し、透明、耐熱性およびシミュレートされたポリプロピレンなど、8つの異なる3Dプリントマテリアルを提供し、業界最高のプリント解像度を誇り、滑らかなサーフェイス、小さな可動パーツや薄壁を実現できます。300 × 200 × 150 mm (11.81 × 7.87 × 5.9 インチ)というゆとりのあるトレイサイズを持つObjet30 Proは、コンシューマーグッズ、家電製品、医療機器などに適しています。Objet30 Proはすばやく、簡単に現実的なモデルを社内で作ることを可能にします。

マテリアル

Objet30 Proは、さまざまな色の4つの硬質不透明の材料があります。Veroシリーズのマテリアルはすべて、寸法安定性と優れたディテールの外観を備え、最終製品に酷似するプラスチックをシミュレートするよう設計されています。

Objet30 Proは以下を含む、特別な造形材料を使用する能力を持つ、唯一のデスクトップ3Dプリンタです。

  • 透明(VeroClear) :硬質、ほぼ無色の材料で、一般目的、優れたディテールのモデル造形とPMMAのような透明熱可塑樹脂のシミュレーションなどに適した優れた寸法安定性を特長としています。
  • 高耐熱性材料 (RGD525) :高度な機能プロトタイプ、高温エアおよび水の流れ、静的アプリケーションに使用できます
  • ポリプロピレンライク Endur(RDG450)
    ポリプロピレンライク Durus(RDG430)
    :強靭性と耐久性を備え、リビングヒンジ、フレキシブルなクロージャおよびスナップ式パーツを持つ滑らかなプロトタイプを作成します

デスクトップ用の
高精度プロトタイピングシステム

Objet 24 3D プリンタ(パネルをクローズした状態) Objet24 
デスクトッププロフェッショナル向け
3Dプリンタ
Objet 30PrimeObjet30 prime 
12種類のマテリアル、
特殊な物性に対応

Objet30 Pro 仕様

モデル材:

  • 硬質不透明 (VeroWhitePlus、VeroBlackPlus、VeroGray、VeroBlue)
  • 透明 (VeroClear)
  • ポリプロピレンライク (Endur、Durus)
  • 高耐熱性 (RGD525)

サポート材:
SUP705、非毒性ジェル状フォトポリマーサポート

造形エリア (X × Y × Z):
294 × 192 × 148.6 mm

造形解像度:
x 軸: 600 dpi
y 軸: 600 dpi
z 軸: 900 dpi (VeroClear に限り 1,600 dpi)

精度:
± 0.1 mm
(モデルの形状、サイズ、方向、マテリアルおよび後処理方法によって異なります。)

積層ピッチ:
水平方向 最小 16μm

ワークステーションの互換性:
Windows XP / Windows 7 / Windows 8
32/64 ビット

ネットワーク接続:
Ethernet TCP/IP 10/100 base T

筐体寸法と質量:
825 × 620 × 590 mm
104kg

トレイサイズ: 300 × 200 × 150 mm

マテリアルカートリッジ:
密封されたカートリッジ(1kg × 4)

プリントヘッド:
プリントヘッド(×2)、SHR (Single Head Replacement)

電源仕様:
単相 AC 100~200 V
50/60 Hz、7A

準拠規定:
CE / FCC / RoHS

推奨動作環境:
温度 18~25℃、相対湿度 30~70%(非結露)

Objet Studio ソフトウェア

3D プリントした部品のCAD レンダリングを表示するモニター

Objet Studio により、高品質で精緻な3D モデルを容易に構築できます。任意の 3D CAD アプリケーションから STD および SLC ファイルを、ビルドマテリアルとサポートを含む 3D モデリングスライスに自動的に変換します。クリックアンドビルドウィザードを使用すると、トレイの編集、マテリアルの割り当て、ジョブキューの管理、日常のシステムメンテナンスの実行をすばやく行うことができます。Objet Studio 機能:

  • 複数のモデルとマテリアルを含む簡単なトレイ構築セットアップ
  • 自動サポート生成
  • プリントをすぐに開始可能にするための複数の処理をまとめて対応するスライス
  • 正確で一貫性のある位置決めのためのトレイ自動配置
  • マルチユーザーネットワーキング

Objet30 Pro デスクトップ 3D プリンタの紹介ビデオ

7種類のマテリアルが使用可能なデスクトップ機の造形の様子をご覧ください。

動画を見る

このページをシェア