Objet Connexシリーズ

Objet Connex 3Dプリンタ

高精度なマルチマテリアルの
プロトタイプを造形

洗練された最終製品の正確な外観、感触および機能をシミュレートします。単一モデル内で最大14種類のマテリアル特性を組み合わせ、最もインスピレーションを得たアイデアを、リアルなプロトタイプへとすぐに実現することができます。

120種のマテリアル特性

3Dプリントしたモデルドリル。

Connexマルチマテリアル3Dプリンタでは、アセンブリの必要もなく、限りなく最終製品に近いモデルを造形することが可能です。2種または3種のマテリアルから、単一の高速プロセスでリアルに3Dプリントして、設計サイクルの初期段階であらゆる角度から製品を評価することができます。各Connexシステムは、120種ものマテリアルで16ミクロンの積層ピッチで精度を実現するため、あらゆるディティールを再現します。

デュアル・ジェッティング・テクノロジーにより、2つのベース樹脂を特定の濃度と構造で組み合わせることで、デジタルマテリアルを活用することができます。 ABSプラスチックの耐久性や耐熱性を再現し、機能グレードのマテリアルを必要とする設計のテストを行うことが可能です。デジタルマテリアルにより、さまざまな硬さ、不透明度、色合い、熱特性を、印象的でリアルなプロトタイプに組み込むことができます。

Connexマルチマテリアル3Dプリンタ

スタンドアローン型Objet260 Connex 3Dプリンタ

Objet260 Connex

オフィス環境に最適なクリーンで静かなシステムで、最大255 × 252 × 200 mm (10.0 x 9.9 x 7.9 インチ) のマルチマテリアルモデルを造形します。

スタンドアローン型Objet Connex350 3Dプリンタ

Objet350 Connex

他のConnex 3Dプリンタと同じ精度、性能、静かな動作で、最大 340 × 340 × 200 mm (13.4 × 13.4 × 7.9 インチ) のマルチマテリアルモデルを造形します。

Objet Connex500 3Dプリンタ

Objet500 Connex

最大 490 × 390 × 200 mm (19.3 x 15.35 x 7.9 インチ) のマルチマテリアルモデルを造形、または一度に多数のモデルをプリントして生産性を高めます。

マテリアル

オンザフライで作成した100種類以上ものデジタルマテリアルを含む120種ものマテリアルオプションにより、Connex 3Dプリンタは、ゴムから硬質まで、不透明から透明まで、標準プラスチックからABS グレードまでさまざまな機械的・物理的特性をシミュレートすることができます。

ベースマテリアルは以下の通りです。

  • 透明マテリアル :高い寸法安定性と滑らかなサーフェイスで、クリアな製品と色付きの製品の幅広い製品のプロトタイプに適しています。
  • 硬質不透明マテリアル (Veroシリーズ):ホワイト、グレー、ブルー、ブラックの鮮やかなカラー。
  • ポリプロピレンライク   :強靭なシングルマテリアル・オプション。リビングヒンジ、柔軟性のあるクロージャやスナップ式パーツの応力に対応します。
  • ゴムライク・マテリアル (Tangoシリーズ):滑り止めグリップやオーバーモールドのシミュレーションに適しています。

デジタルマルチマテリアルには、以下が含まれます。

  • デジタルABS:(RGD515 と RGD535 から製造した RGD5160-DM) 高い耐熱性と靭性を組み合わせて、ABS エンジニアリングプラスチックをシミュレーションします。デジタル ABS2 は、上記に加え、1.2 mm(0.047 インチ)以下の薄いパーツで高耐熱マテリアルと高耐久マテリアルを実現します。
  • 高耐熱性マテリアル:静的部品の耐熱テストに最適です。ゴムライクのマテリアルと組み合わせて、多様なマテリアルの特性を作り出します。
  • 透明カラースケールとパターン
  • 硬質、不透明色
  • さまざまなショアA値をもつゴムライク・マテリアル
  • 優れた耐熱性を持つポリプロピレンライク

イメージギャラリー

高度なマルチマテリアル3Dプリンタ

さらに高度なマルチマテリアル3Dプリンタを見る。

マテリアルキャビネットのObjet260 Connex1Objet260 Connex1
14種類のマテリアルで3Dプリント
マテリアルキャビネットのObjet260 Connex2Objet260 Connex2
120種類のマテリアルで3Dプリント
マテリアルキャビネットのObjet260 Connex3Objet260 Connex3
1000種類以上のマテリアルで
カラー3Dプリント

仕様

モデル材:

  • 透明硬質(VeroClear)
  • ゴムライク(Tangoシリーズ)
  • 透明多用途(RGD720)
  • 硬質不透明(Veroシリーズ)
  • ポリプロピレンライク(EndurおよびDurus)

デジタルモデル材:
100種類を超えるデジタルマテリアルをオンザフライで生成できます。

  • RGD515 および RGD535 で作成したデジタル ABS Green マテリアル(RGD5160-DM)などの工業用プラスチック
  • 透明色とパターン
  • 硬質、不透明色
  • さまざまなショアA値をもつゴムライク・マテリアル
  • 優れた耐熱性を持つポリプロピレンライク

サポート材:
SUP705 非毒性ジェル状フォトポリマーサポート

マテリアルカートリッジ:

マテリアルは、4つの密封された3.6 kg(7.9ポンド)のカートリッジのケースで提供しています。

VeroClear、Tango シリーズ、Durus、デジタルABS Green マテリアルのコンポーネントは、 3.6kg のケース入り(正味重量 1.44kg)で提供しています。

2つの異なるモデル材を同時に充填することができ、フロントローディング方式で迅速な交換が可能です。

造形エリア:
Objet260 Connex:255×252×200 mm (10.0 x 9.9 x 7.9 インチ)

Objet350 Connex:342×342×200 mm (13.4 x 13.4 x 7.9 インチ)

Objet500 Connex:490×390×200 mm(19.3 x 15.4 x 7.9 インチ)

積層ピッチ:
最小16 μm(0.0006 インチ)の水平レイヤー

造形解像度:
X軸:600 dpi;Y軸:600 dpi;Z軸:1600 dpi

プリントモード:

  • デジタルマテリアル:30ミクロン (0.001 インチ)
  • 高品質:16ミクロン (0.0006 インチ)
  • 高速:30ミクロン (0.001 インチ)

精度:
50 mm 以下の機能では 20-8 5um、フルモデルサイズでは最大200 um (硬質マテリアルについてのみ。形状、造形パラメータ、モデルの向きに応じて変動する可能性があります。)

入力フォーマット:
STL、OBJDF、および SLC ファイル

ワークステーション互換性:
Windows 7

ネットワーク接続:
LAN – TCP/IP

筐体寸法と重量:
Objet 260 Connex:870 × 735 × 1200 mm (34.3 x 28.9 x 47.2 インチ);264 kg (582 ポンド)

Objet350 Connex:1420 × 1120 × 1130 mm (55.9 × 44.1 × 44.5 インチ); 500 kg (1102 ポンド)

Objet500 Connex:1420 × 1120 × 1130 mm (55.9 × 44.1 × 44.5 インチ); 500 kg (1102 ポンド)

プリントヘッド:
8 個

電源仕様:
100-240 VAC 50/60 Hz、1.5 KW 単相

推奨動作環境:
温度 18℃~25℃(64~77°F);相対湿度 30~70%(非結露)